学生歓迎バイトって大学生?高校生?どっち

時折「学生歓迎」と書かれたアルバイトの求人情報があります。アルバイトができる学生、となると該当するのは「高校生」と「大学生」ですね。

この場合、学生歓迎の“学生”は「高校生」と「大学生」、いったいどちらを指しているのでしょうか。疑問に思っている人は多いことでしょう。

アルバイトへの応募を検討していたとしても、このあたりが曖昧だと応募を決められませんよね。

学生歓迎の意味とは

「学生歓迎」と書かれているのだとしたら、高校生と大学生、どちらも歓迎していると考えてよいでしょう。しかし早まってはいけません。

年齢や勤務時間帯などの条件をしっかり確認してから応募するようにしましょう。条件に18歳以上、とあれば学生歓迎と書かれていても高校生は不可です。

また勤務時間帯が22時以降だった場合でも高校生は不可となります。22時から5時までの間は高校生だと働けない…これは有名な決まりですね。

年齢も勤務時間帯の条件もクリアしているなら、勇気を出して応募してみて下さい。それでもまだ不安が残るのであれば事前に問い合わせをしておくとよいでしょう。

「高校生なのですが、応募しても問題ありませんでしょうか」と質問すれば大丈夫です。もしアルバイト探しに利用しているのが求人サイトなら求人サイトを変えるという手もあります。

なぜなら求人サイトによって“こだわり条件・詳細条件”の種類が違ってくるためです。

「学生歓迎」のみの条件を用意している求人サイトもあれば、「高校生歓迎」「大学生歓迎」と分けている求人サイトもあります。

分けられている方がわかりやすいので、そういった求人サイトを使うのもよいでしょう。

学生の立場ですと、なかなか希望に合うアルバイトを見つけるのは大変ですよね。だからこそ「求人広告」「求人誌」「求人サイト」、あらゆるものを使っていくのです。

そうすればきっと理想通りのアルバイトを見つけられるはずです。