バイトでも働くことが出来る医療事務

手堅いアルバイトとして人気の医療事務。特に女性から支持されている職業です。その理由は「病院はいつの時代になってもなくならないから」だと言われています。

確かに体の具合が悪ければ遊んだりするのを我慢してでも病院に行き、治すでしょう。そして正社員ではなく、“アルバイトとして働ける”というのも人気の理由のひとつと考えられます。

正社員で働くよりもアルバイトで働く方が、少し敷居を低く感じるのではないでしょうか。また女性ですとなんらかの理由により仕事を辞めなければいけない時が来ると思います。

結婚だったり出産だったり、女性にはなにかと大きな出来事が多いですよね。ただ「医療事務って難しそうだから、いくらアルバイトでも躊躇してしまう」、とそんなふうに考える人もいるのではないでしょうか。

医療事務のバイトでどんな仕事をするようになるか、というのは勤務する医療機関によって左右されます。

医療事務の仕事って?

主な仕事内容は「受付」「カルテ管理」「レセプト作成」の3つとなります。この中からどの仕事を任せられるか、というのが医療機関によって変わってくるのです。

例えば小さな病院で医療事務の数も少ないとなると、これらすべての仕事をしなければならないこともあり得ます。1人で受付からレセプト作成まで頑張らなければなりませんのでかなり大変でしょう。

しかし医療事務の人数が多く、それぞれの仕事を手分けして行っているのであれば、1つの仕事に集中できるため随分と働きやすくなります。

また医療事務のアルバイトをするにあたり、持っていた方がよいスキルは“パソコン操作”です。なにかとデータ入力をすることが多いのでパソコンが使えると有利になりますし、もとからパソコンの知識を持っていれば仕事もすぐに覚えられますよね。

なお、レセプト作成は正社員の仕事になる医療機関も存在します。ですので医療事務のアルバイトなら「受付」と「カルテ管理」を意識しておきましょう。カルテには個人情報など重要な記載もありますので責任感を持って業務に励むことが大切です。

医療事務のアルバイトは資格がなくても応募できますし採用されます。ただし資格を持っていれば面接の際、有利になりますので、余裕があるなら取得しておくとよいでしょう。